トップページ_m01

マンガで解説!ひふみパートナーズの経営支援型サポート!

「ドンブリ経営」から脱却し、
「財務を経営に役立てる」方向へ転換!
その後のビジネスに大きく影響します

 マンガで解説!ひふみパートナーズの経営支援型サポート 

「ドンブリ経営」から脱却し、
「財務を経営に役立てる」方向へ転換!
その後のビジネスに大きく影響します

税理士は誰に頼んでも同じではない!
表向きは黒字だけど、現金が会社に残らないことに不安を覚える経営者のストーリーです。
税理士は誰に頼んでも同じではない!表向きは黒字だけど、現金が会社に残らないことに不安を覚える経営者のストーリーです。
【1】黒字なのに会社に現金が残らない…




 
【2】儲かっている会社は経営者がきちんと「数字を把握」している




 
【3】「専門家の力」を活用する?




 
【4】「記帳代行・申告だけ」ではない税理士がいる?






 
【5】「シンプルな取組み」の継続が重要







 
【6】経営者に寄り添ったサポート







 
啓司は専門家をうまく活用し、黒字経営の継続はもちろんのこと、
キャッシュフロー改善にも成功し、会社の内部留保が増加傾向になりました。
また、北川税理士と一緒に進めてきた経営計画も順調に推移。
業績は好調で2軒目の出店も計画中。
このサクセスストーリーは実話を元にしたものです。
ですから財務やキャッシュフローについてお悩みのあなたも
「ドンブリ経営」から脱却するのは十分可能なことなのです!!

初回60分無料相談受付中!
お気軽にお問合せください

「こんなこと聞いて大丈夫かな?」と思われるようなご相談事項でも、丁寧にお答えさせて頂きます。
守秘義務は厳守いたしますので、安心してご相談ください。
新着記事
租税教室
先日、滋賀県のとある中学校の中3クラスで租税教室の講師をしてきました。 租税教室とは、これから大人になって社会に出ていく子供たちのために、税理士が講師となって、社会の仕組みである「税」について学んでもらう授業になります。 受験前の大...
PDCAは中小企業には不向き!?
経営改善の手法として、PDCAサイクルを回すことがよく知られています。 Plan     計画する Do   実行する Check  チェックする Action  改善する 私は支援させて頂いているお客様の計画(P)づくりをサ...
経営計画が社員に伝わらない理由
令和3年も残り3か月を切り、令和4年に向けて、経営計画をまとめるタイミングになりました。毎日バタバタと忙しくて、日々をこなすだけの毎日になっていないでしょうか。令和4年の目標はしっかりと見えているでしょうか。 「人間というものは、目標...
設備投資の前には減税措置の確認を
日本では中小企業が生産性を高めるための設備投資を後押しするために、様々な減税措置が設けられています。 例えばプレス加工を行う会社が最新モデルの機械を導入する場合、導入から3~5年(市町村によって異なります)間の固定資産税が減額される可...
個人で買えば10万円、会社で買えば7万円
会社に残った利益には30%前後の法人税がかかります。会社で10万円のパソコンや備品を買うと、利益が10万円少なくなるので、3万円税金が安くなります。もしこれが、社長が個人的に必要なものを10万円で買った場合、会社の経費とはならないため、...
タイトルとURLをコピーしました