news

持続可能社会の実現

中小零細企業や我々士業はもちろん、地球に住むすべての人が、持続可能社会の実現に向けて、それぞれが今できることを実践すべき時代です。 私がまだ小学生だった30年前と現在を比較すると、地球環境は確実に悪化しており、それは日々持続不可能の方...
news

決算書にあってはならない科目

貸借対照表の資産の部に役員貸付金が何年にも渡って残っていることがあります。役員貸付金とはその名の通り、会社が役員(多くは社長)に貸し付けたお金です。 貸付金は本来返してもらえるものなので財産価値がありますが、役員への貸付金は返してもら...
news

会社再建の土台

2007年のNHKプロフェッショナルで、企業再建弁護士の村松謙一氏が出演されていました。長崎屋、カネテツデリカフーズ、マイカル、東京佐川急便の再建に携わられた企業再建の第一人者です。 村松氏は番組の中で、「数字がグラグラしていては会社...
news

社長がわかる勘定科目名をつけましょう

会計・税務の仕事をしていると、「この勘定科目で合っていますか?」という質問を受けることがあります。 不特定多数の投資家などが決算書を見るような上場会社では、会社ごとに勘定科目の使い方が違うと投資家が混乱してしまいますので、どういった場...
news

定番の節税対策「小規模企業共済」

個人事業や会社役員をしている場合の定番の節税対策として、「小規模企業共済」への加入があります。 小規模企業共済は、独立行政法人(政府の事業を行う法人)中小企業基盤整備機構が運営しており、経営者の退職金を積み立てるものです。厚生年金に加...
news

仕事がはかどるオススメ文具

私が長い間愛用しているオススメの文具をご紹介します。 それは、無印良品の「メモパッド」です。 1981年発売、本体価格80円のロングセラー商品で、再生紙のメモ用紙です。 デスクの横に常備してあり、電話中のメモ、買い物リスト、今日や...
news

開業年の年末に思うこと

令和2年4月に開業して早いもので9か月がたち、コロナ禍の中、無事に年の瀬を迎えることができました。開業後1~2か月は自分が事業主になったことに慣れなくて、何だか宙に浮いたような感覚で仕事をしていました。「環境は人をつくる」と言われるよう...
news

コロナ禍に役立つ二宮尊徳の教え

私が子供のころに通っていた小学校には、校門の近くに二宮尊徳(神奈川県小田原市出身・1787年~1856年)の銅像が立っていました。薪を背中に背負って歩きながら本を読んでいる日本人お馴染みのあの像です。「二宮尊徳は模範となる勤勉な人」とい...
news

土地の含み損を実現させる

法人の貸借対照表に含み損のある土地があがっている場合、その含み損を実現させることで大きく節税をすることが可能です(個人事業の場合はできませんのでご注意を)。バブル期に土地を買った場合は含み損になっていることが多いですね。 仮に買ったと...
news

源泉所得税の納付方法

お給料や税理士報酬などから事業主が預かる源泉所得税は、原則預かった月の翌月10日までの納付になりますが、社員が常時10人未満の場合、「納期の特例」という制度により、6か月ごとの納付が認められています。起業当初や小規模事業者は、毎月納付書...
タイトルとURLをコピーしました